スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアム便 飛行機に預ける荷物に鍵はかけません

現在、爆弾テロ等への警戒強化を目的とし、米国当局(運輸保安局:Transportation Security Administration)より、米国内全ての空港において全てのチェックイン・バゲージ(受託手荷物)を検査されます。

その検査の結果不審なものと疑われた場合、当局係員による中身の検査が行われることがありますので、鍵はかけてはいけません。
米国の各空港を出発または乗り継ぎする便全てです。

スーツケースなど施錠されていた場合、鍵を破壊することになります。
これに関しては何の補償もされません。

スーツケースバンドを使ったりして、輸送途中に開いてしまわないようにすることです。
もちろん貴重品は入れてはいけません。

私は2度ほど空けられたことがありますが、その後閉まらないためか、テープでぐるぐる巻きにされて戻ってきます。ターンテーブルで荷物を待つ時は毎回どきどきします。

アルミで出来たスプレー式の整髪料を入れていたためのようです。
それ以降はスプレー缶のようなものは持っていかないようにしています。

どうしても鍵をかけたい場合、TSA(米国運輸保安局)公認の鍵を使用します。
このTSAロックは検査官だけに配布されるマスタキーですべて開錠できるようになっていますので、施錠しても大丈夫です。

最近ではこのTSAの鍵つきのスーツケースも増えてきたので、次回スーツケースを購入する際には検討してみてください。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

tag : グアム 飛行機 フライト

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。