スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れ海外旅行の持ち物

小さなお子さんとの海外旅行の持ち物について。

大人の場合足りなければ現地で買えばよいと考えますが、乳幼児向けのものはちょっと離れたショッピングセンターにしか無く、サイズも日本人向けのものは少なく高めです。何より現地の製品の質は日本のものに遠く及びません。。

そこで、大人子供含め、私の経験上必ず必要と思うもの、もって行って便利だったものを紹介します。
必要なもの

・長袖の上着

半そで半ズボンで問題ないですが、移動の車中・レストラン・ホテルが日本と違いクーラーが効きすぎる場所が多いので羽織るものが必要です。

・水着

午前、午後で1日2回プールに入ることもあるので2枚あったほうが便利です。日差しが強いのでラッシュガードもあると良いです。

・サンダル、現地で履く靴

基本はビーチサンダルでOKですが、買い物でショッピングセンターにいく場合、とても広く長時間歩くため、かかとのついた歩きやすい夏のサンダルがあると便利です。男性はベビーカーを持ちながらのバスの乗り降りや寝た子供を抱っこして移動することが多いため、スニーカーもあったほうが良いです。

・哺乳瓶、水、ミルク等

高いですが日本の飲み物も売ってます。ただ、到着日はお店がどこにあるか分からない可能性もあるので、ミルクを溶かす分くらいは持っていったほうが良いです。粉ミルクは近くのコンビニにも売ってませんし、日本製が一番ですのでもって行ったほうが良いです。

・子供用スプーン、フォークなど

使い捨てエプロン、ストロー、スプーン、フォーク、ウェットティッシュもあると便利です。

・お菓子

脂っこいもの・甘いものが多いですので、子供用のあめやビスケットは持って行ったほうが良いでしょう。特にあめは飛行機の離着陸時の耳抜き対策として子供に舐めさせたほうが良いです。

・海、プールで遊ぶもの

現地で売ってますが、小さい子用のものが少なく質も良くないため、乳幼児用の浮き輪や腕につける浮き袋のようなものを持っていったほうが良いでしょう。また簡単な砂遊び用のバケツとかは売ってたように思いますが、うちでは使いませんでした。腕につける子供用のフロートはこんな感じのものです。

・日焼け止め

絶対に必要。塗らないと半日でやけど状態になります。特に肩・腕が焼けます。ホテルの売店やコンビニに売ってますが、子供用のものは大きいところでないと無いため日本から持って行ったほうが良いです。

・虫よけ

ツアーに参加する場合ジャングルのような場所を歩きますのであったほうが良いです。

・応急処置、薬など

熱さまし冷却シート、バンドエイド、胃腸薬など。

・子供用の酔い止め

飛行機に乗る前に。舐めるタイプが良いです。

あると便利なもの

・水着用オムツ

現地のコンビニに売ってますが、大きさが一種類しかないため、お子さんにあったものを持っていったほうが良いです。

・洗濯物を干すロープ、洗濯用洗剤

3日以上滞在する場合、下着や子供の服だけでも洗えると荷物が増えません。ホテルにランドリーがある場合乾燥機もついてますが、完全に乾かすのには時間がかかります。また、おしゃれなバスルームの場合、上部に物干し用ロープがついてない場合があります。

・割り箸

細かいものは食べにくかったりして何かと重宝します。

・歯ブラシ

日本向けのアメニティが充実しているホテルは良いですが、子供用のものでさえ大きいものしか売ってません。

スポンサーサイト

テーマ : 旅行の計画 - ジャンル : 旅行

tag : 子連れ グアム 持ち物

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。