スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康保険が使える海外医療費制度

家族でグアム旅行にいく場合、現地での高い医療費のため、海外での子供の病気や怪我に備えもしものために海外旅行保険を検討される方もいると思います。

しかし、日本で加入している国民健康保険や社会保険から、グアムでの治療などに対して医療費の給付を受けることができる海外医療費制度があることをご存知の方は少ないのではないでしょうか。
私も最近まで知りませんでした。

いったん現地の病院で自己負担した医療費について、日本へ帰国してから管轄の健康保険組合申請書を提出することで請求できます。一般的な海外旅行保険ではカバーされない既往症や歯科治療も一定の条件下で給付対象になります、

海外療養費制度は、日本国内に住所のある方が海外旅行等で短期間国外へ行く場合のみ対象となり、1年以上国外に居住する場合には制度の対象外となります。

保険の適用範囲は日本と同じであり、日本国内で保険適用となっていない医療行為は給付の対象になりません。

給付額は、日本で同じ治療を受けた場合の治療費がいくらなのかということが基準となり、日本のように何割負担と決まっているわけではありません。

必要な書類は、診療を受けたグアムの医療機関の医師の診断書または診療内容明細書、領収書等です。

請求期限は、治療費を支払った日の翌日から起算して2年間です。過去2年以内に海外の医療機関で治療を受けた人も、申請すれば払い戻しが受けられる可能性があります。

いざというときのために健康保険組合に確認し、渡航の際には事前に申請書を手に入れておくと良いのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

tag : グアム 保険 治療費

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。